yasai

青汁は冷え性の改善に効果があります


冷え性は身体の他の部分は温かいのに、手や足の先などが一向に暖まらず冷えているような感じが続くことです。
冷え性になると、手足が冷たくなることだけでなく、頭痛や肩こり、集中力の低下、生理不順など様々なトラブルを招きます。
こちらには青汁効果で症状改善について掲載されているので是非ご覧ください。
その原因は毛細血管へ血が流れなくなっていること、つまり血行不良です。
もともと人間の身体は毛細血管を使って体温を逃がさないようにするのですが、そこに血液が行き渡らない状態が続くと、いつまでも血管が収縮しているため冷たくなってしまうのです。
血行不良を引き起こす原因は、運動不足による筋力の低下が一番の理由としてあげられます。
運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くさせます。
女性に冷え性が多いのは、そもそも構造的に筋肉が男性よりもつきにくいために血流不全を招きやすいということが考えられます。
冷え性を改善には、運動すること、睡眠をしっかりとることなどの根本的な生活の改善が最も有効ですが、忙しい現代人の生活習慣の中ではなかなか難しいと思います。
そこでお勧めな改善方法が青汁を飲むことです。
こちらのサイトではあなたに合った青汁選びをサポートしてくれます。
毎日の習慣として青汁を飲むことで、血液をさらさらにする効果のある野菜を摂ることができ、血流が改善されます。
青汁で毎日健康になりましょう。




生野菜は身体を冷やすものだから、青汁もそうなのではないかと思われるかもしれません。
製造過程で調理したり、加熱しない青汁は生野菜と同じではないかと。
たしかに飲んで一時的に身体が冷えることはありますが、代謝を活発にしたり血行を良くする成分が豊富に含まれているので、毎日継続的に飲むことで身体が自然に温かくなります。
一時的な冷えを予防したいということであれば、温かい牛乳やお湯で溶かして飲んでも良いでしょう。
ビタミンのほかに鉄分などのミネラルが豊富に含まれていることも効果がある理由です。
鉄分の不足により、赤血球濃度が低下して血液の循環が悪くなることで冷えが発生している場合もあります。
ビタミンと鉄分がバランスよく含まれているので、吸収されやすく高い効果を発揮します。
朝飲むことを毎日の習慣にすることで必要な栄養素を補給してから1日がスタートするので、生活改善効果も期待できます。
また代謝がアップして血行が良くなることで、代謝が改善されて脂肪がつきにくい体質を作ることができます。
肥満になりにくい体質を作ることで、日々の運動量も増え、生活改善病を予防することができるので、症状改善のための良いスパイラルに入ることができるでしょう。
青汁のメリット・デメリットはこちらをご覧ください。