yasai

青汁も寒い季節にはホットな飲み方で

 野菜をたっぷりと取る事は身体に良いと知っています。
その為に料理の献立に工夫をしたり、加熱をしてかさを減らしたりして多くの野菜をバランス良く食べる努力をしています。
しかし忙しい日々の中で毎日欠かさず食べ続ける事は時には厳しいです。
野菜嫌いの家族がいれば食べてもらう事も一苦労です。
 手軽に高い栄養が取れる青汁はとても人気です。

忙しい朝も溶かすだけですぐに飲めるので便利です。
また、粉末タイプだけでなく紙パックタイプの青汁もあります。
こちらのタイプは自分で作らなくても、もともとできている状態なので温めるだけで飲むことができます。
飲みにくい印象がありますが、甘味を加えたりいくつかの食材と混ぜる事でおいしく頂けます。
独特の風味が消されて小さな子供にも受け入れられる味となります。
 顆粒状になっている物が多いので冷たい液体にでもすぐに溶けます。
温度の調節をしなくて良いので手軽です。
しかし寒い季節には冷たい物をゴクゴク飲むという飲み方は少し辛いです。
朝は冷え込みますからホットドリンクが欲しくなります。
普段溶かしている液体の温度を温かくして飲んでみると、同じ物なのに違った味わいになるので不思議です。
更には血行を促進してくれるようなスパイスも足してみると、冷えた身体が内側から温かくなります。
朝から栄養を取って身体を温めたら一日頑張る元気が出ます。
私も今の季節は温かくして飲んでいます。
青汁を初めて飲む方はサンプルから始めてみてはいかがですか?
こちらのサイトはやずやのサンプルについてのサイトです。


 朝の飲み物としての飲み方の他に料理に利用する事もよくあります。
朝はどちらかというとお茶代わりに飲む感じですが夜は食事の一部になっています。
一番多いのは調味料としてスープに使う事です。
普段の味付けに加えて青汁を足すと味に深みが出ます。
独特の色と香りがある事が飲みにくさの原因ですが、この色と香りがある事で良い味わいになります。
どんな種類の料理においても薬味のように香りの強い物がアクセントとしてあります。
この役割を青汁が果たしてくれておいしいスープが飲めるのです。
とろみをつけるとさめにくく、いつまでも温かいスープを楽しめます。
それだけで飲み物として飲む方法ばかりを考えがちですが、スープならまた違ったアレンジが出来ます。
肉や魚を入れて煮込んだり、野菜や牛乳と共にミキサーにかけて作ったり色々考えられます。
臭みを消す事も出来ますし、濃い緑が見た目にも鮮やかな仕上がりにしてくれます。
スープなら手軽に作れますし一品でたくさん栄養が取れます。
独特の風味があるおかげで塩分も控えめにして素材の味を生かしたスープが出来ます。
 ホットでもコールドでもそのまま飲んでもスープにしてもおいしく頂ける青汁です。
毎日の習慣にしてもっと健康的に過ごしたいと思っています。
飲むタイプが苦手な方は、粒タイプの青汁が良いでしょう。