yasai

ホットケーキの材料に青汁を使ってみませんか


青汁をまだ買ったことがない方は、どのような味であると連想するのでしょうか。
昔は、コマーシャルの中で男性が顔をしかめながら飲んでいたり、テレビ番組の罰ゲームとして使われていたため、おいしくないというイメージが強かったと思われます。
近年は子供から年配の方までがおいしそうに飲んでいるコマーシャルが放映されているため、青汁はおいしくないといったイメージは徐々に払拭されてきているかもしれません。
こちらのサイトに野菜嫌いでも飲める青汁について書いてあるのでよかったらご覧ください。
また、デパートの催事などで製造業者が出店していることもあるので、そこで試飲したことがある方はおおよその味が想像できるかもしれません
しかし、全く飲んだことがない方にはその味は全く想像できないことでしょう。
味が変わった理由は、材料の変化にあります。
昔はメインの材料にケールを利用していました。
ケールはピーマンや白菜より栄養価が高い材料でしたが、その代わりなのか、苦味成分が多く含まれているのです。
スーパーマーケットなどでケールを見かけないのは苦味が強くて、おいしく調理できないからかもしれません。
近年では、飲みやすい製品を作るためにケールの代わりに、ケールに比べると飲みやすい大麦若葉が採用されることになりました。



大麦若葉が採用されるようになった理由としては、痛みやすかった大麦若葉のエキスの抽出や粉末化の技術が確立されたからでもあるのです。
また、味をマイルドにするため抹茶を添加している青汁もありますが、小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、カフェインが小さいお子様の成長に影響を及ぼさないかご心配でしょう。
そういった家庭におすすめできることが、青汁を飲料として飲むのではなく、料理に使うことです、中でも、お子様に人気のおやつであるホットケーキに使うことが最適でしょう。
ホットケーキは手軽に作ることが出来、牛乳の変わりにほかの材料を加えるだけで簡単にアレンジが効くのが特徴です。
このため、他のジュースなどを使っても簡単に作ることができます。
ジュースだとカロリーが気になる方には青汁がおすすめです。
青汁はカロリーが低いのでカロリーを気にしなくていいのです。
また、ジッパーを使って冷凍庫に入れておけば、作り置きをしておくこともできるので、忙しい方にぴったりでしょう。
最近はレシピ本などでホットケーキミックスを用いてクッキーを作るなどの方法も見つけることができます。
このように、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でもホットケーキを普通のおやつから健康なおやつに変身させることができるのです。
あなたも健康な手作りおやつで、健康な生活を送ってみませんか。